サーキュラーエコノミー

アマゾンのパッケージゴミ問題への取り組み

アマゾンで買い物をすると実際の商品の箱にビニールのパッキンが詰めて大きい箱に入ってて、勿体ない気がすると思ったことがある人は多いと思います。その問題に対してアマゾンは何もしてないわけではなく、革新的な方法で手を打ち始めているのでその紹介をしたいと思います。

このサイトを紹介しているだけなので、英語が嫌でない方はこちらを見ていただければ。
アマゾン サステイナビリティ パッケージ

続きを読む

パッケージのリユース(家でのリフィル)事例 

パッケージで利用されるプラスチックや紙のゴミの問題から、パッケージをリユースしようという流れがでてきています。

エレンマッカーサー財団がまとめたパッケージのリユースについてのレポートがあるので、その中で家庭でのリフィルの事例について紹介します。

続きを読む

このサイトをつくるきっかけになった3冊の本

このサイトを作ろうと思ったきっかけになった本を紹介します。

会社の経営に関わる人はみんな読んだらいいのにと思う本ですが、特に何かしらのものを作っている経営者であれば環境問題のためにというのではなくて、業績を伸ばし、利益を出すという観点で読んでみるといい本です。

続きを読む

紙カップのリサイクルは何が問題でスタバはどう解決しようとしているのか

スタバとマックが共同で新しいカップの開発を検討の記事で紹介したスタバとマクドナルドなどがお金を出した新しいカップを開発をする会社を募るNextGen Cup Challengeでの勝者が決まったようです。

その中でリサイクルしやすい紙カップについて、そもそも何が問題で、どのような方向で解決しようとしているのかを紹介します。

続きを読む

AIをサーキュラーエコノミーに活かす方法

サーキュラーエコノミーを広げていくために新しいテクノロジーを利用していくことが大切になってきます。AIをどう活用できるかという記事があったのでその内容を中心にご紹介します。

サーキュラーエコノミーにAIをどう利用するか

エレンマッカーサー財団のArtificial Intelligence and the Circular EconomyというレポートにAIをサーキュラーエコノミーにどう活用していくかということが書かれていました。

続きを読む

「ゆりかごからゆりかごへ(Cradle to Cradle)」とは

環境のことを考えて事業をするうえでとても参考になるゆりかごからゆりかごへ(Cradle to Cradle)という考え方があるので紹介します。

内容としてはサーキュラーエコノミーと近い考え方で、大量に作って捨てる「ゆりかごから墓場へ」というやり方ではなく、ゴミという考え方をなくして、作ったものを品質を下げずに原料として再度利用する「ゆりかごからゆりかごへ」という考えができるように、製品をデザインすべきという考え方です。

続きを読む