サーキュラーエコノミー

AIをサーキュラーエコノミーに活かす方法

サーキュラーエコノミーを広げていくために新しいテクノロジーを利用していくことが大切になってきます。AIをどう活用できるかという記事があったのでその内容を中心にご紹介します。

サーキュラーエコノミーにAIをどう利用するか

エレンマッカーサー財団のArtificial Intelligence and the Circular EconomyというレポートにAIをサーキュラーエコノミーにどう活用していくかということが書かれていました。

続きを読む

「ゆりかごからゆりかごへ(Cradle to Cradle)」とは

環境のことを考えて事業をするうえでとても参考になるゆりかごからゆりかごへ(Cradle to Cradle)という考え方があるので紹介します。

内容としてはサーキュラーエコノミーと近い考え方で、大量に作って捨てる「ゆりかごから墓場へ」というやり方ではなく、ゴミという考え方をなくして、作ったものを品質を下げずに原料として再度利用する「ゆりかごからゆりかごへ」という考えができるように、製品をデザインすべきという考え方です。

続きを読む

製品のサービス化(Product as a service)とは何か

環境問題を解決するために企業が取り組めるビジネスモデルとして製品のサービス化(Product as a service PAAS)があるので、その紹介をします。

製品のサービス化(Product as a serviceとは

メーカー企業が製品を作って、消費者に売ったら終わりというのが通常の流れですが、製品のサービス化(Product as a service以下PaaS)では、メーカー企業が製品を所有したままで、それを利用するサービスを顧客・消費者に提供する形のビジネスモデルです。よくあるビジネスで言えばリースがそのような形態になります。例えばコピー機などは機械はリースで、利用した分だけカウンター料を払うというモデルです。

続きを読む

サーキュラーエコノミーとは何か〜サーキュラー・エコノミー デジタル時代の成長戦略概要〜

サーキュラーエコノミーがどういうものなのか・ビジネスモデルとしてどういうものがあるのかをまとめている本を紹介します。アクセンチュアが書いた本でコンサルティング会社が書いただけに、読みやすく、この本を元に会社で議論するのにちょうどよいフレームワークとして書かれているので環境によい何かを始めたい会社の方にはオススメです。

続きを読む