世界の発電量データ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界の温室効果ガス排出量データで排出量のデータは載せたのですが、同様に電力についても数字で把握しておくと電力関係の情報を見た際にそのインパクトも判断できるので、世界の発電量についても記載しておきます。

世界全体の発電量は2014年に23,816TWh、1990年では11,864TWhとなり、24年で倍以上に増えていることがわかります。

国別の発電量

国別の発電量

1990年と2014年の発電量は上図のようになっています。温室効果ガスの排出は主に電力からなので、排出量の多い国と登場する国はほぼ変わりません。

2014年の上位10カ国のデータを以下に記載します。

国名 発電量
中国 5,666
アメリカ 4,319
インド 1,287
ロシア 1,062
日本 1,036
ドイツ 662
カナダ 656
ブラジル 591
フランス 557
韓国 546

(単位:TWh)

日本のことを考えるうえでは、日本の発電量は約1,000TWhということを頭に入れておくとよさそうです。

参考文献

EDMC エネルギー・経済統計要覧〈2017〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。